(3000+☆)%


燦然と輝く
流星の競奏
幾億もの魂が
自身を求め輪廻する

僕たちは星々


スポンサーサイト

狂想狂詩曲想


ラブアンドピースとか
レストインピースとか
まるで狂ったように騒がしい
生命そのもののような音楽を

まだ生きていたいと思える
心底からの感覚を


正義を語る刀


どうせ
あえてどうせ というけれど
負けるなら 負けたなら
信じてみないか
正義に
なってみないか
正義の味方に
そうしてみないか
正義へ


心、燃やして


いまだ何事もなしていない オレに抱ける誇りはない

だけど だから
今は 胸いっぱいの希望
咆哮を模索
つかめるもの いつか
誇れるものに変わるまで
痛むなら 心が自由になるうちに 自分の爪で引き裂いて
そう 今は 拳だけを 誇りに 変えて
希望のすべては 胸の底に 刻まれて


INVISIBLE SPARK


Spark in the dark
闇に弾かれ 輝く瞬間
ケガレなき夢を見るための瞳
永遠がいくつあってもいいさ
自分が何なのかも きっといつか


心路


ある部分だけが とても極端に
正しすぎて 強すぎて
ちっぽけな悪が 
それほどに 許せずいた
でも そして
ほとんどが 普通だった
自分を扱えていなかった
でも だとするなら
どんな悲劇の心情でもありふれたことなんだ
だから
自分が許せなかったことに
自分が与しないこと
人に 正しく手を差し伸べることで

今は遠い過去
未来と呼んだ今
伸ばした手をつかみ
完結した物語
8の字の音叉を
いまだ夜明けを待つ 子らに
ここから 鳴らそう
あの日の 太陽と聞いた
メロディのように


はじまりのブラック


いつからかは思い出せない
それは宇宙のほとんど

偽善に救われた人々の
傷痕を黒でくるんで
笑えない世界を 楽しもう